ペナンでマレーシア料理クッキングクラスに参加したよ

ペナントロピカルスパイスガーデンのクッキングクラスルームの柱

以前ちょっとだけマレーシアで仕事をしていた私ですが、

マレーシア料理が苦手で中華料理ばかり食べてました。

ところが、当時住んでいたオーストラリアに戻った途端、

マレーシア料理が大好きになったんです。

今回はペナン滞在最終日に、行きたかったトロピカルスパイスガーデン内の、

クッキングクラスに参加しました。

場所

予約方法

ほぼ毎日開催されていて、

ホームページから予約ができます。

繁忙期は午前と午後クラスがあり、作るメニューもここで確認できます。

含まれているもの

  • ツアーガイドのガーデン内の案内
  • ハーブティーのサービス
  • エプロンのお土産
  • クッキングクラス
    ペナントロピカルスパイスガーデンのクッキングクラスのプレゼントされるエプロン

    プレゼントされるエプロン

メニュー

  • ナシレマ(ココナッツミルクで炊いたご飯)
  • ニョニャ(小魚やナッツを炒めたもの)
  • オンデオンデ(黒糖の入った緑色の白玉団子ココナッツでまぶす)
  • チキンカレー
ペナントロピカルスパイスガーデンのクッキングクラスの準備されている材料

使う材料は用意されています

ペナントロピカルスパイスガーデンのクッキングクラスの用意されている土鍋

用意されている土鍋

ペナントロピカルスパイスガーデンのクッキングクラスの使用する道具
ペナントロピカルスパイスガーデンのクッキングクラスのナシレマ

ナシレマ

ペナントロピカルスパイスガーデンのクッキングクラスのナシレマを作る風景

ココナッツを搾る

ペナントロピカルスパイスガーデンのクッキングクラスのナシレマこココナッツ搾り

ココナッツを何度も搾る

ペナントロピカルスパイスガーデンのクッキングクラスのチキンカレー

チキンカレー

ペナントロピカルスパイスガーデンのクッキングクラスのチキンカレーペナントロピカルスパイスガーデンのクッキングクラスのチキンカレー
ペナントロピカルスパイスガーデンのクッキングクラスのオンデオンデ

オンデオンデ

ペナントロピカルスパイスガーデンのクッキングクラスの料理

出来上がり

プラン

  1. 9時にトロピカルスパイスガーデン受付に集合
  2. 集まり次第、ツアーガイドと一緒にガーデンコースを歩いて、説明を聞きます。
  3. 11時頃コース途中でティーブレーク
  4. ショップでチャイの試飲
  5. 11:20クッキングルームへ
  6. 13:00食事

その後自由解散です。

この日は終わり頃にスコールが来たので、

ショップへ戻って、止むのを待ってました。

ペナントロピカルスパイスガーデンのショップで売られてるナマコ石鹸

ショップで売られてるナマコ石鹸

帰りは無事グラブを呼んでホテルまで帰れました。

まとめ

この日クッキングクラスのメンバーは

  • 先生2名
  • フランス人親子
  • イギリス人

と言う6名のメンバー。

イギリスの方はお母さんが料理のプロらしく、

かなりの腕前でした。

ヨーロッパの方が重なると、随分文化が違うので、

マヨネーズの作り方など、細かく聞きたいことをメモってきていて、説明をしてもらっていました。

私はと言えば、キューピーマヨネーズ美味しいのになぁ。

くらいで、あまり興味がなかったのですが、先生は丁寧にマヨネーズを作ったりしてあげてました。

そして、私は包丁で皮を剥く時、

刃先を自分に向けて剥きますが、

これは、かなり怒られます。

先生は、自分に向けると手を滑らせた時に、自分を切ってしまうだろ!と言う論なのですが、

私は全く逆で、外に向けると側の人を切ってしまうだろ!と言うのが私の論。

狭い島国文化と、大陸文化の違いだと思うのですが、

何度も大声で怒られました。

最終日だっただけに、

内容も予約のシステムもよかったのに、

残念でした。