オーストラリアでの特別スペシャルな肉 の買い方教えます

オーストラリアでの特別スペシャルな肉 を買いに行ったことはありますか?

こんばんは。きいろです。

今回は、シドニーで働いていた時に仲の良かったガーナ人家族と、

BBQパーティーを開催するにあったって、準備をする時に起こった

日本では絶対に体験できなかったであろうお話です。

オーストラリアでの民族交流

私がNSW州に住んでいた時、ガーナ人がたくさんいるエリアに住んでいたので、

良く家にお邪魔したり、

パーティに呼ばれたりしていた。

とにかく家族の人数が多い。

お母さんとかお父さんとか、息子とか、いとことか連れ子とか

だれがだれの子供なのか、良く分からなかったりする。

帰国して、1年ほど一緒に住んでいた人が弟だったので、

びっくりした」とか・・・

新しいお母さんが、同級生だった」とか・・・

日本だと、グレまくってるであろう家庭環境もなんのそので、

平気で前母の子供が、後母の子供の子守りをしていたりする。

BBQパーティーを開くことになった

こんな大家族の方々をお招きし、

庭でBBQパーティを開くことになった。

ある日、ホストファミリーのママに

買い出しに行くから付いてきなさい

と言われた。

いつもの様にチャイナ街で、肉の塊を●●Kg

という買い方をするのだろうと思って、

(いつも10K単位で肉を買う家族だったので動きやすさ第一)

普段の恰好で、ペタンコサンダルを履いて出かけようとした。

買い出し

「今日はスニーカーにしなさい」

と言われ、「お〜〜大量に買って、歩きまくるんだな?」

と覚悟をして車に乗った。

田舎町から向かった先は

ママ運転の助手席に乗り込む。

標識の隙間から、牛がじーっと覗いていたり、

信号待ちで横を見ると、馬と目があったりする。

車はどんどん山のほうへ。。。

新しい肉屋さんにでも行くのかと思って、

気にも留めなかったが、、、、

着いたところは牧場。。。。。(・_・?)

ここで

BBQ

するんです

ママは私にスニーカーを履きなさいと言ったのに、

すごいヒールの靴で来てて、

牧地に埋まりまくる・・・(笑)

ゾンビみたいな歩き方⊂( ̄(工) ̄)⊃

ところで

会場は

うちの

にわ

だった

ですよ

牧場にて

奥から、

すごいオージー訛りのおじさんが出てきて、

長野県ぐらいの?大きさの(イメージです)、

緑の丘の牧場に連れて行ってくれた。

そこにはティッシュペーパーを丸めてポイッとしたような

自由すぎる羊達がチラホラ。

sheep

ママは

 

子供の羊と、あれとあれと・・・

とか何とか。。。

 

あ”



 

 

 

 

私はもうベジタリアンになります!!!!と叫びそうになった

牧場に羊を選びに行って、

選んだ羊を

肉にして

それを持って帰る。

から

付いてきなさい。

って、言ってくれなかったですよね?

 

 

 

そして、小さな牧羊犬が覗きに来た。

ママはドロドロのヒールを脱ぎ捨てて、

悲鳴をあげて車に戻ってしまいました。

 

 

 

 

牧場で、

羊を肉に出来る

ママは

犬は

小さいものでも、

ニガテ

ブログランキング・にほんブログ村へ