災害で避難指示が出てからの準備、日頃の旅行用ポーチを入れればOKにしておく

災害で避難指示が出てからの準備、旅行用ポーチを詰めるだけだった んです。
避難する際の出口の確認や必要な事前準備

今回、大雨で自宅付近が避難指示が出たのですが、

準備をしようと思ったら、毎回使っている旅行用ポーチを防水バッグに詰めるだけで済み、

時短かつ、大変助かったので、皆さんに紹介したいと思います。

避難指示は突然やってくる

3台のスマホがいきなり鳴り出すという大警報でした。

*一人で3台使ってます。

私自身実際に避難した経験は、2度。

どちらも海沿いに住んでいたため、高潮での避難でした。

今回は、大雨による避難なので、

あらかじめ、予測が付きましたが

やはり、

スマホ表示
高齢者から避難を開始してください

と表示されると、緊張します。

実際のiphoneの緊急速報スマホ画面

実際のiphoneの緊急速報スマホ画面

パニックにならないために

私、きいろ自身引っ越しが多かったため、

現在住んでいるところの地区名が一致しない等、

実際に困った点を挙げてみました。

町内会と関わりがない、

一人暮らしの方や、転勤族の方、賃貸マンションにお住まいの方

一度下のことの再確認をお勧めします。

  • 学区での避難表示だったので自分の学区がわからない
  • サイレンが鳴るが、なぜサイレンが鳴っているのかわからない
  • iphone&アンドロイドの避難指示表示が若干違う&時差がある

*サイレンがなぜ鳴っていたのかは未だよくわからないままです。

対策として

日頃から学区の確認をしておく

  • 近所にある、小学校、中学校などの正式名称の確認
  • 住所ではなくて、地区名の確認
  • 避難場所の事前確認

SIMフリースマホの方用の設定は必須

お勧めアプリ

Yahoo!防災速報

Yahoo!防災速報

Yahoo Japan Corp.無料posted withアプリーチ

 

実際にどう使えるのか

設定
緊急速報アプリの住んでいる地域設定の場所

ここをクリックで住んでいる地域を設定をします

災害アプリの住んでいる地域の設定をする方法

各箇所をタップしていくとそれぞれに設定ができます。

海外にいるときも「地域の設定」エリアの情報は届きます。

「現在地連動通知」は日本国内のみです。

避難場所をマップで確認する方法
実際の気象情報、土砂災害警戒情報、避難情報などの表示

実際の情報を詳しく見てみます。「避難情報」をタップ

実際の避難情報が細かく表示される

実際の避難情報が細かく表示されます。下の方までスクロール

実際の避難場所をマップで確認するための画面

「○県○市の避難場所」をタップ

避難場所がマップで確認できます。

避難場所がマップで表示される*今回は駅付近の避難所を例に上げています

これで、地区名も学区名もわからなくてもなんとかなりました。

いざ荷物を準備する

いつも押し入れに、旅行用のポーチは常備していたのでそれがとても役に立ちました。

ほとんどの中身はこちらでも紹介しています。

まず、

  • 服、下着はユニクロのドライEXシリーズとエアリズム(かさばらなくて、速乾性重視)
  • 靴はクロックス(水もOK、底も分厚い)
  • メガネ(日頃はコンタクトです)
  • Chromebook(避難中の情報)
  • その他↓
created by Rinker
ソフティモ
¥316 (2018/08/22 12:41:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ピュオーラ
¥384 (2018/08/21 23:18:22時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ネピア
¥247 (2018/08/21 23:18:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
資生堂
¥414 (2018/08/21 23:18:23時点 Amazon調べ-詳細)

ソーラー充電できて、ライトにもなるもの↓

保冷バッグにすべてを詰め込みました。↓

*2018年7月12日追記

すでに浸水してからの避難の場合は、両手が使えるリュックサックをおすすめします。

まとめ

日頃、いろんな形で防災のブログなどを読んでいましたが、

いざ自分が直面すると、

きいろ
ヘアアイロンいる???

とか、必要ないものばかり頭に浮かんできて、

どんどん時間だけが過ぎていきます。

幸い、旅行好きで常に旅行準備をして押し入れに置いていたため(単に片付けてないだけとも言う)

今回は5分ほどで準備を終える事ができました。

この経験を活かして、旅行用品と防災用品を統一して、

ストックも常備しておこうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ