瀬戸内芸術祭2022岡山県宇野港(宇野駅)に行ってみた

岡山

岡山県民が初めて、岡山県玉野市の「」会場に行ってきました。

瀬戸内芸術祭自体何度も参加しているのに、地元開催地に行ったことがないという羞恥の中

公式オフィシャルツアーに参加してきました。

宇野港(宇野駅)周辺

駅構内には瀬戸内芸術祭のストアもありました。

コロナ対策

JR宇野駅周辺にもたくさんアートがあります。

今回はコロナ対策として、宇野駅改札出たところで検温をしており、

問題がなければ、水色のリストバンドをもらえるようになっていました。

各アート&トイレの地図

宇野のチヌ/宇野コチヌ 淀川テクニック un04

海の漂流物や、家庭のゴミからできているそうです。

終点の先へ 小沢敦志 un03

JR宇野駅すぐ横にあります。

舟底の記憶 小沢敦志 un02

JR宇野みなと線アートプロジェクト エステル・ストッカー un05

JR宇野駅の外観がアートになっていますが、

この宇野駅は「宇野線」の終点になっていて、

JR西日本の観光列車「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」と合わせて

宇野線の4駅  宇野駅、備前田井駅、八浜駅、常山駅  がアート化されています。

実話に基づく ムニール・ファトゥミ un10

ここは、昔の病院をそのまま使っていて、

なんだか、怖くて、迫力がありました。

こんな古い病院がそのまま残ってるっていう事自体に驚き。

赤い家は通信を求む 片岡純也+岩竹理恵 un12

時間屋 長谷川仁 un11

ここは、時間名が止まったかのような空間なのに、

真っ白の部屋の中で、砂(塩)時計だったり、影時計だったり、壁一面に書かれた数字だったり

いろいろ表現されていて、ずっといたかったです。

玉野駅周辺おすすめ食べ歩き

むらまつ精肉店

ガイドさんに教えてもらったのですが、

ここの揚げたてのミンチカツがとっても美味しいのだそうです。

喜久屋製菓本店

ここは作品の「時間屋 長谷川仁 un11」の向かいにあります。

ここは「どらやき」が有名なようです。

おまち堂

ここは岡山市内にもあるフルーツかき氷で有名なお店です。

市内はとっても並ぶのですが、

ここは海を眺めながら岡山のフルーツ盛りだくさんのかき氷を食べることができます。

まとめ

初オフィシャルツアーに参加して、

香川県、岡山県と3会場を回ったのですが、

全く期待をしていなかった岡山県宇野港(宇野駅)周辺の作品がとっても良かったです。

コンビニもトイレの心配も必要ないし、食事難民になることもなく、

おしゃれなカフェも多数あります。

海を渡って見に行くのはちょっと・・・

と思われている方にも、気軽に行けるとってもおすすめなエリアになっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました